高校サッカー選手権大会・高校総体・高円宮杯プレミアリーグ・全九州大会・新人戦・福岡県リーグ等の速報・結果・予定・写真等を掲載。
アドセンス広告枠5

【観戦記】第84回全国高校サッカー選手権大会(2回戦)

1回戦 ●東福岡0-1遠野○
得点者:菊池(遠野)

小雨のさいたまスタジアム2002で行われた選手権2回戦。
東福岡は前の試合で大勝しメンバーの変更は無し。
戦前の予想通り東福岡が攻め遠野が引いて守り試合が進む。

序盤、東福岡は右サイドの松井にボールを集めて攻めようとするが、遠野のDF陣も厚くなかなか決定機を作れない。逆にの左サイドの藤嶋がフリーになっていたのでこちらから攻めてもよかったかもしれない。

雨で濡れた長い芝のせいか両チームともパスの精度が低い。滑って転倒する場面や決定的なシュートも踏ん張りが利かずになかなか枠を捕らえられない。
ボールのキープ率では東福岡が上だったと思うが、遠野のボールへの寄せが早く中盤がコンパクトになり、プレッシャーでパスミスも多かったように思う。
後半30分に、東福岡陣内の中盤にスペースができフリーになった遠野が中央から豪快に決め先制。

東福岡もサイドからチャンスを作るが、ピンチにはペナルティエリア内に遠野が何人も入れて防戦。東福岡が1点に泣く結果になった。
1回戦でいい結果が出ただけに逆に選手交代の判断が本当に難しかったと思う。交代枠も結局後半1人を変えただけだった。
逆に遠野にしてみれば、勝つとすればこれしかないという形で勝った。那覇西も東福岡も同じようなサイド攻撃主体のチームで組みやすかったかもしれない。少々ラフプレーも目に付いたが、ディフェンスと粘りには賞賛に値する。
東福岡は相手の反則で得た数々のチャンスをモノに出来なかったのが最後まで響いた。

アドセンス広告枠3
アドセンス広告枠4
Comment (1)
  1. tokumei より:

    終了間際の怒涛の反撃もあれだけゴール前を固められては。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Recommend