試合予定・試合速報・試合結果・写真等を掲載

【観戦記】平成27年度全国高校総合体育大会サッカー競技大会(3回戦)

8月5日(水)3回戦
10:00 東福岡2-1日大藤沢(JR西日本神戸総合グラウンド)

得点者:藤川(虎)・三宅

(マッチレポート)
1、2回戦をCB③小野寺を中心とした高さのあるDFラインで相手の攻撃を跳ね返してきた日大藤沢を東福岡の攻撃陣がどう攻略するかが楽しみな一戦である。東福岡は両SMFを左右に開かせて、ピッチを幅広く使い、日大藤沢の高さに付き合うことなくグラウンダーのパス、サイドの個人技で突破を試みる。対する日大藤沢はサイドから中央に切り込んでくるSMF⑩蛭田の個人技でチャンスをつくる。
序盤は東福岡のサイド攻撃を日大藤沢の守備陣がしのぎ、流れをつかんだ。しかし、中盤でのパスミスをきっかけに東福岡が先制する。その後、東福岡のFW⑦毎熊、MF⑩中村、MF⑥藤川がうまくポジションを変えながらボールを収めるようになり、東福岡のボール保持時間が長くなるが、得点には至らず1-0で前半を終了した。
後半開始から日大藤沢は、積極的な選手交代で突破口を見出そうとするが、CKから東福岡SMF⑪三宅が見事なボレーシュートを突き刺し追加点を挙げた。日大藤沢はポジションを左に変えたSMF⑩蛭田が個人技で一点差に詰め寄る。その後、FW⑨住吉を中心に前線からプレスをかけてボールを奪いに行くが、そのまま2-1で試合終了となった。

※大会公式記録よりマッチレポート部分を抜粋して掲載。なお、大会公式記録担当の兵庫県高体連技術委員会様から事前に当HPへの掲載許可をいただいております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)